『ここに来たよー!!誰か聞いて!!あすなろのひとりごと』ブログ

大人になってから思い出して発見した夢を叶えるために、わくわくしながら楽しみながら目指しています!

迷いながら学んだ♫

今、コロナウィルス流行中で!

当然、マスク…マスクの日々の中で、いろんな人がいて、《すれ違いに人が近づいただけでもうすでにウィルスが飛んできた恐怖心顔のオレンジ色の日傘のご婦人》

《マスク付けずに歩いて…近くを通っても平気なおじさまたち》

他にもいろんな人々が街の中に溢れていた。

マスクつけていると人の表情が目だけになってしまうから、人によって分かりにくくて少しつまらない目線もある。

逆に、マスクをつけていない時代から見てきた顔ぶれは、どんな表情なのか分かるのでそれはそれで楽しい。

今、1番迷うのは、マスクをつけたまま移動している方達の中に恐怖心を抱え込んだ方がいるから、
通りすがりに挨拶を迷う。

「目が会って通り過ぎる手前でこんにちは✨」
と誰もが日常に言っていたことがコロナウィルス流行で消えた。

昔の書籍にもよりますが予言をされていた。
インターネットで〇〇神示を目に通したことがある。
あの時代に少し早かった予言が現在の時代を先読みしてくださっていたことに最近気づく!

コロナ流行も天変地異も予言の中に入っていた。

確か以前読んだ別の書籍に〇〇神示という内容があって
その中に予言が書いてある。
インターネットでも検索をしてみると出てくる。

未来予言の書籍は、手に入らなかったけどインターネットで調べられる時代で良かった。
便利だ!


そして、少し現実に戻ると☁
とある営業所の営業の方と通り過ぎる機会があった。
やはりマスクであちらの方の声が聞こえない。
とっさにペコリと頭を下げてみたら、あちらも下げていた。
コロナ流行で挨拶に迷いがあった。
こちらは良くても、あちらの相手は近寄ってほしくないかもしれない…。

他にも、若者世代の挨拶は無言で頭を下げて交わすことができるけど、人によるけどそれは70代に通じないかもしれない。
70代の方からすると、コロナは流行しているけど
声をかけてほしそうな雰囲気が漂っている。


難しい世の中になってきた…。



いろんな人がいて面白い✨